若宮八幡社について

若宮八幡社の由緒

四柱の御祭神
大鷦鷯尊、菟道稚郎子、宇礼姫、久礼姫
大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)
第15代応神天皇(おうじんてんのう)の御子神でいらっしゃいます。本来、応神天皇の長兄であった菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)が天皇の御位につかれるところでしたが、時の趨勢により弟神である大鷦鷯尊が即位され、第16代仁徳天皇となりました。都からご覧になるも民の家から竈の煙が上がらないことを憂い3年間は税を徴収せず、御自身も慎ましい生活を営まれた話は夙に有名です。

歴史・由来

人皇第65代花山天皇の御宇、寛和元年(985年)12月、従五位下 紀兼貞朝臣(紀田家の祖)が勅宣を奉じて、伝灯大法師(南都大安寺の行教和尚の直弟)と共に京都男山石清水八幡宮若宮四所の御尊像を守護し奉り、この豊後国速見津郡八坂郷に下向致しました。下司村柏島に鎮座し奉ったのがその最初で、今を遡ること壱千有余年の昔のことであります。
元来、この八坂郷は宇佐の神領に属していたが、石清水八幡宮が京都男山に御鎮座になると共に、貞観の頃から石清水八幡宮の神領となりました。しかし、土地は京都から遠隔であるし、海路暴風とか海賊などの災いもしばしばであり、貢物の輸送もなかなか意に任せられませんでした。ここに畏くも宇多天皇の第9皇子の一品式部卿敦実親王が、この途中の平安と神領地の五穀の益々の豊穣を熱願されて、御手づから八幡大神の若宮即ち大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)、菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)、宇礼姫(うれひめ)、久礼姫(くれひめ)の四柱の御尊像を白檀木に奉彫され、延喜14年(914年)8月、仁和寺で開眼供養を遊ばし、これを石清水八幡宮の神殿に奉安せられました。当社は即ちこの四所の御尊像を奉遷申し上げたもので、今なお壱千有余年の御神威をそのままに御神殿の奥深く鎮まりまして居られるのであります。


平成28年5月撮影時

かくして当社は多くの神社とは異なり、畏れ多くも勅命によって御創建になった神社であり、誠に畏き極みであります。
その後、天喜5年(1057年)3月生地村岳に、承安3年(1173年)9月中村に、そして嘉暦元年(1326年)11月現社地(金鷹山の聖地)に御遷座申し上げ、明治6年郷社に、大正10年県社に御列格になりました。累代藩公の氏神として尊崇篤かったことは申すまでもなく、地方郷民の宗祀として愈々御神威のいやちこに亘らせられることを拝し奉るのであります。

若宮八幡社の親神さまは「石清水八幡宮」です。

石清水八幡宮が鎮座される男山は京都の都から見て裏鬼門(西南)に位置し、鬼門(東北)に位置する比叡山延暦寺と共に都の守護と国家鎮護の社として篤い崇敬を受けていました。平安時代の初め、清和天皇の貞観元年(859年)南都大安寺の僧・行教和尚は、宇佐神宮に参籠し八幡大神の「吾れ都近き男山の峰に移座して国家鎮護せん」との御託宣を賜り、同年男山の峰に御神霊を御奉安申し上げたのが石清水八幡宮の起源です。

そして朝廷は翌貞観2年(860年)男山に八幡造りの社殿を造営し、4月3日に御遷座されました。代々紀田家の祖先である紀氏は石清水八幡宮の神官として奉職しておりましたが、御遷座から御代下りて丁度125年後の寛和元年(985年)に前記の如く紀兼貞朝臣は神像を奉戴し、瀬戸内海を西航の上八坂郷に至ったのでありました。若宮八幡社でも明治百年を奉祝した行事が行われ、当時の田中文清宮司揮毫による記念碑も境内に建っております。

境内のご案内

和漢将軍社

和漢将軍社(わかんしょうぐんしゃ)

若宮八幡社本殿の横に摂社「和漢将軍社」が祀られている。祭神は杵築藩の初代藩主である木付親重公である。親重公(1225年~1285年)は、杵築地方開発の始祖と仰がれ、またお名前通りに学問の神様として広く崇敬を集めている。建久7年(1196年)に大友能直が豊前豊後の守護職となった。建長2年(1250年)大友家2代親秀の六男親重が木付に封ぜられ、3500貫を領した。
建長元年(1249年)大友親重は、大将軍藤原頼嗣に謁し、従五位下に叙せられた。父から速見郡武者所として、3500貫を受け、豊後国八坂下荘木付邑に下向した。はじめは鴨川の桶屋敷に居たが、竹ノ尾城を築いて移り、大友の姓を木付に改めた。
親重は若武者であった25歳のとき、御嵯峨天皇の第1子宗尊親王から「和漢将軍と称すべし」と褒めたたえられたのがその名の由来であるほどの文武兼備の智将である。
弘安4年(1281年)蒙古軍来襲のとき、鎌倉に詰めていた大友氏3代頼泰の名代としてその兵を指揮し、770余騎を率いて博多に出陣、蒙古の大軍を八角に襲い、その5000騎を撃退し、大船5隻を捕獲した。
弘安8年(1285年)2月18日、嶽ノ尾城内で没した。行年60歳であった。若宮八幡社の社殿と並び「和漢将軍社」の霊廟には、その命日である旧暦の2月18日に毎年、若宮八幡社の摂社として祭祀が斎行されている。

祖霊社(それいしゃ)

若宮八幡社開運祖霊講は、この度開運祖霊講の寄進により、平成31年3月21日に祖霊社が建立され、講員30世帯のご先祖様350有余柱を鎭斎申し上げました。
神道宗旨家庭の方で構成される祖霊講です。敬神生活の綱領にもとづき、若宮八幡社の神慮を畏み、祖訓を継ぎ祭祀に勤しむことを目的とした講組織であります。若宮八幡社境内の美しい自然環境と文化遺産の維持管理や講員相互の親睦と助け合いを柱とした和気藹藹とした雰囲気のなか「春秋彼岸の中日に祖霊祭斎行」「年に一度の総会開催」などの活動を行っております。

物集家(もずめけ)との由来

若宮八幡社累代宮司家である紀田家に大変ゆかりのある家柄としては、物集(もずめ)家が挙げられます。

物集高世(もずめたかよ)
・・・文化14年(1817年)
~ 明治16年(1883年)
物集高見(もずめたかみ)
・・・弘化4年(1847年)
~ 昭和3年(1928年)
物集高量(もずめたかかず)
・・・明治12年(1879年)
~ 昭和60年(1985年)

物集高世と高見が詠んだ短歌二首をご紹介します。

“わだつみの神の守江を漕ぐ船は
波の畏れもあらじとぞ思ふ”

物集高世

京都石清水八幡宮から神像四体を奉戴し、八坂郷に辿り着いた故事を思い、当時の瀬戸内海の荒波をものともせず責務を果たした初代紀兼貞を称え奉る短歌。
“御祭をよくせ氏人世の中の
ことみな神の御心ぞかし”

物集高見

神職の使命とはまず祭儀の厳修であることを根幹として、そのことを氏子の皆様にも教え説き、そのことにより神様の御蔭を戴いて下さいという短歌。

若宮八幡社の文化財一覧

  • 京都石清水八幡宮若宮白檀木四所尊像
    宇多天皇第九皇子 敦実親王奉刻 延喜14年(901年)奉安
    木造将軍神像2体
  • 大分県指定天然記念物
    金鷹山⇒八幡社の境内林 昭和55年4月8日指定
  • 大分県指定民俗文化財
    御田植祭 元禄10年(1697年)復興 平成12年3月24日指定
  • 大分県指定民俗文化財
    若宮楽 元禄10年(1697年)復興 昭和41年3月22日指定
  • 杵築市市指定古文書 棟札25枚
  • 杵築市指定絵画 犬追い物大額 作者不詳 田川奨氏復元
  • 杵築市指定絵画 旭に波大額 十市石谷作
  • 杵築市指定無形文化財 杵築神楽
  • 記念碑ほか
    ・御宝前百段石 元禄6年(1693年)松尾村講中272人
    ・御敷石畳 亨和3年(1803年)馬場尾村中
    ・西伯利亜出征記念碑
    ・物集高見歌碑 県社列格記念 大正11年
  • 狛犬
    ・文化10年(1813年)8月 大橋屋政助
    ・天保4年(1833年)10月 冬木屋甚右衛門ほか10名
  • 庚申塔 金鷹山山頂 延宝3年(1675年)12月
  • 一字一石塔 金鷹山山頂 天和3年(1683年)7月

祈願・命名・出向祭について

祈願のお申し込み
下記のお願い事を中心に皆様方のお願いを神様に奉告申し上げます。
儲子、安産、初宮詣、七五三、十三参り、入学奉告、成人奉告、結婚奉告、交通安全、八方除、商売繁盛、受験・入試合格、長寿、 厄除け、家内安全、病気平癒、手術成功、その他各種のお願いごと承ります。
神前挙式のお申込み
金鷹山の神気清々しい境内でお二人だけのお時間を過ごしませんか?
赤ちゃんの命名
未来の宝物である赤ちゃんの名付けを致します。(お生まれになってから)
出向祭の申込み
下記に紀田宮司が出向致し神様に奉告申し上げます。
地鎮祭、上棟祭、竣工祭、屋敷まつり、商売繁盛、入居前清祓井戸埋め祓い、車輛交通安全祓い、ほか
神道宗旨の方の葬儀(神葬祭)また中元祭・年忌祭の奉仕も致します。